釧路ロータリークラブ 国際ロータリー第2500地区 Rotary Club of Kushiro
通 算
3512
2018-2019年度
04回 例会報告
2018年07月26日
例 会 内 容
納涼ビアパーティー
新入会員紹介
吉田 潤司 ガバナーエレクト
 前任の森支店長の後任で来られました日本銀行釧路支店の山崎真人さんでございます。昭和44年6月24日生まれ、ご出身は室蘭で道産子であります。前任は東京で、銀行生活がもう17年、ほとんどが東京勤務だそうです。趣味は、ゴルフもマージャンも何もやらないということで皆さま方とはちょっと違いますけれども、お酒は十分お飲みになるということです。前任の森支店長も随分ロータリーを楽しんで二次会も一緒に騒いだので、ぜひご一緒し楽しんでいただけると思います。
 釧路は単身赴任、奥さまとお子様が2人、上の方は長男で中学3年生・山崎しんじ君、下の方が長女で小学2年生・山崎まなみさんです。
 本日は、西村情報委員長からいろいろとレクチャーを受けられたと思いますが、ぜひロータリーを楽しんでいただき何年間かの仲間でございますけれど皆さま方、あちこちに引っ張り回していただきまして、楽しいロータリー生活を送っていただければと思います。よろしくどうぞお願いいたします。
新入会員挨拶
日本銀行釧路支店 支店長 山崎 真人 会員
 ただいまご紹介いただきました日本銀行の山崎でございます。5月18日に前任の森から日本銀行釧路支店長を引き継ぎました。ご紹介もいただきましたが、前任の森はこのロータリークラブ、歴史と伝統のある組織を私に引き継ぐときにも顔がほころんでおりましたので、本当に道東釧路を楽しんでいた人間ですけれども、非常にこのロータリーで知り合った皆さんとの関係が非常に大きく影響しているものと、実感として思っております。
 森はご案内のとおり道東というか、北海道がそもそも初めてで、海外経験が長いというキャラクターでしたが、私はご紹介いただきましたように室蘭出身で、北海道は本当に故郷ということであります。とはいえ広い所で、釧路は初めてのことも多いので、ぜひ皆さんに教えていただきながらしっかり職務もプライベートもやっていきたいと思っております。
 ただ、ゴルフもマージャンも申し訳ないのですが、そこは不調法でございまして、お酒は福司が好きですと申し上げて、ご挨拶とさせていただきたいと思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。
新入会員紹介 杉村 荘平 会員
 サンエス電気通信の五十嵐常務でございます。昭和43年のお生まれ、今年ちょうど50歳です。奥さまはやすこさん、息子さんはしょうえい君3歳で、3人家族です。ゴルフは「バリバリやります。ハンデは18」とのこと、「マージャンもします」とのことなので、ぜひ皆さんお付き合いいただければと思います。
 昔、青年会議所時代からよく知っている方でございまして、詳しいことは言えませんが、昔は末広ではかなり名の通った人間だというところですが、お子様ができてからは別人のように我が家に帰って、真面目に暮らしていると聞いております。江南高校ご出身です。
 そういう五十嵐君でございますが、皆さんよろしくお願いいたします。
新入会員挨拶
サンエス電気通信株式会社 常務取締役 五十嵐 正弘 会員
 ご紹介いただきましたサンエス電気通信の五十嵐と申します。今年2月で50歳になりました。いまは、家族・子供と文苑で質素に生活をしているところでございます。
 本当に何の取りえもない私でございますがゆえに、本日まで釧路ロータリークラブ、歴史と伝統あるこの会に入会するにあたってものすごい緊張と、僕にできるのかというその不安感でいっぱいでした。本日実際に入会させていただきまして、皆さんのお顔を拝見しますと、釧路を代表する方々ばかりで本当に足がすくむ思いでここに立っております。
 しかしながら入会をした以上、微力ながら一生懸命頑張って、と思います。先ほど西村先輩から「奉仕の精神」をお聞きしました。「50にして天命を知る」という孔子の論語がありまが、私はまさに50になりました。天命って何だろうと思いながらいましたが、「奉仕の精神」、これこそが私に与えられた天命のひとつなのかと思い、一生懸命尽くしていきたいと思っておりますので、どうかご指導くださいますようによろしくお願い申し上げます。
 本日はありがとうございました。
新入会員紹介 栗林 延次 会員
 この度、伝統82年の釧路ロータリーで初の女性会員ということで紹介するのも少し緊張します。池田いずみさん、お勤めはNTT東日本北海道道東支店長。お生まれは昭和41年8月21日。お歳を言ってよいのか分かりませんけれど51歳でございます。
 ご趣味はゴルフ、ハンデ20ということです。ゆめゆめご注意して握っていただきたいと思います。その他、趣味として茶道をやられ裏千家ということで、ずっとお茶を趣味とされているそうです。また宝塚が大変好きという一面もございます。
それから一番関心のあるお酒でございますが、「ほどほど」の女性の方の「ほどほど」とは相当なレベルだと想像をする次第でございます。
歴代NTT支店長はお酒が大変お強い方ばかりが伝統の会社でございます。皆さんと仲良くやれるのではないかと思います。池田いずみさんをご紹介いたしました。
新入会員挨拶
NTT東日本北海道 釧路営業支店 支店長 池田 いずみ 会員
 皆さま、初めまして。NTT東日本北海道釧路営業支店の池田いずみと申します。どうぞよろしくお願いいたします。この度、歴史と伝統のある釧路ロータリークラブに女性で初ということで入会をさせていただき本当にありがとうございます。
 私、平成元年にNTTに入社しまして、勤務地としては小樽から始まりまして室蘭・旭川・札幌と勤務しておりますが、道東は初めてで、釧路ももちろん初めてでございます。いろいろ不慣れなところもございますので、教えていただければと思います。また、先ほどご紹介いただきましたゴルフでございますが、会社に入りましてすぐ始めまして約30年位やっております。札幌でリージェントクラブのメンバーになっており時間を見て行っていました。ぜひ釧路でもゴルフができたらいいなと思っております。
 前任の工藤は非常にお酒が好きで、皆さまにご挨拶をする度に「工藤さんとはお酒の席で・・・」というようにお話しいただいておりますので、私も工藤のお酒を引き継ぎまして皆さんと親交を深めて行けたらと思っております。これから本当に教えていただくことが多いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
新入会員へ歓迎挨拶 脇 弘幸 会長
 山崎さん、五十嵐さん、池田さん、本日のご入会大変おめでとうございます。皆さまのご入会を心より歓迎を申し上げる次第でございます。
 入会に際し私からお話しをさせていただきますのは、できるだけ例会または委員会などに出席をしていただきたいというお願いでございます。出席するなかで、メンバーの素晴らしさ、またクラブの良さ、楽しさをきっと感じていただけるのではないかと思ってございますのでどうかよろしくお願いいたします。
 そして、先週入会された方にもお話しをさせていただきましたが、私から「出席の3456」というお話をお伝えしたいと思います。
 まず「出席の3」ですけれども、これはこのクラブの例会に3割以上は出席するように頑張っていきましょうということです。出席の方法としてメークアップもありますが、クラブの例会に3割以上頑張って出席をお願いしたいというところでございます。
 「出席の4」というのは、連続して4回の休みがないように頑張って出席をお願いしたいというところです。
 「出席の5」というのが、出席率。これが何とか5割を超えるように頑張っていただきたいということでございます。
 最後の「出席の6」ですが、これは1回の例会は1時間ですけれども、この6割以上は出席をするように頑張って行きましょうというところでございます。
 皆さんの委員会の配属ですが山崎さんはプログラム委員会の配属、委員長が本日出席されています日理君ですのでどうぞよろしくお願いいたします。五十嵐さんの配属は、クラブ会報・雑誌委員会、杉山委員長の委員会です。よろしくお願いいたします。そして最後、池田さんの配属ですが親睦活動委員会の配属、委員長が柿田委員長、よろしくお願いします。
 本日はこれから夜例会ですが、その設えなどもすべて親睦活動委員会で準備をしていただいていますのでよろしくお願いいたします。
 何かありましたらいまご紹介をした委員長、それから今回の入会に際しての推薦者の方にご相談をしていただければ優しくアドバイスをしていただけると思いますのでよろしくお願いいたします。まずは、1日も早くロータリーに慣れていただいて、楽しく参加をしていただければと思います。ありがとうございました。
会長の時間
会長挨拶 脇 弘幸 会長
 皆さん、改めましてこんばんは。本日は今年度最初の夜間例会ということで、親睦活動委員会が担当する1回目の例会です。そしてお忙しい中多くの皆さまにご出席をいただきまして大変ありがとうございます。
 先週と本日と2週続けて新しい会員の方が入会となります。その入会式の中で、ロータリーのグッズと言われているものの1つにロータリーバッジがありますが、本日はロータリーバッジについて少しだけ皆さんにお話しをさせていただきたいと思います。
 まず、ロータリーができた年が1905年、いまから113年前です。アメリカのシカゴで設立されて、ロータリークラブがスタートしました。このロータリークラブの名前が、各事務所の持ち回りでローテーションを組んで会合を開いていたので、「ロータリー」という名前になったそうです。その他に、当時いろいろ話をしていた記録の中には、「ブースタークラブ」、推薦者というような意味があってブースタークラブという名前。それから「コンスピレーターズクラブ」、共謀者という意味があるそうです。そういうものを含めて十いくつの名前の候補があったそうです。その中でロータリークラブということで、このクラブが100年以上続いているわけです。このロータリークラブの名前を誰が提案したのかは、当時の記録には残念ながらないそうです。
 マークですが、最初は馬車の車輪のマークだったそうです。1906年に作られたらしいのですが「それでは動きがない」ということで、馬車の車輪の両側に空に浮かんでいるというデザインをポイポイと付けたらしいのです。その後いろいろ意見があって「砂ぼこりが舞っているみたいだから調子が悪い」と。それで今度は、吹き流しのリボンを付けたりとか。そんなことでいろいろ変わって行ったようです。
 それで、1913年にいまのマークの原型になるこの歯車の形になったそうです。これが当時フェアデルフィアのロータリークラブが既に使っていたものを採用されたと。ただその時に8本のスポークと19本のガキガキがあったそうですけれども、それでは技術的・工学的に動かないということになり「これじゃダメだ」ということになって、いまの形の6本スポークの24の歯車のこの形になったそうです。
 その後「ここの真ん中の丸にくさびの引っかかりがないので空回りする。これではいかん」と。それでこの鍵が付いたそうです。そしていまのこの形にできあがって、1926年の制定ということらしいです。その後、1929年にいまのブルーと黄色の色が決まったそうです。
 そんなことで移り変わってきていて、2013年にいまのオレンジ色のこれが「誇りのシンボル」というそうです。バッジなどは従来通りの形が採用されています。この6本のスポークは6大陸を意味しているそうです。それから24の歯車が、24時間会員が連携をしてしっかり奉仕をしていくという意味があるそうです。その他にもいくつかありましたが、いまお話ししたことが一番合っている感じです。
 われわれも気持ちの中では、24時間しっかりと連携をして今年度の活動、そして次年度のガバナー年度に向けてしっかりとパワーを出して突き進んで行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
本日のプログラム
納涼ビアパーティー
親睦活動委員会 委員長 柿田 英樹 会員
 皆さん、こんばんは。親睦活動委員会委員長の柿田でございます。ちょっと黄色の似合わない男でございますがよろしくお願いいたします。
 突然、委員長の拝命を受けまして、2つ返事でお受けしたのですけれども、本日に至るまで何回委員会を開いたか分かりません。これからどうなるか分かりませんが、皆さん大目に見てくだされば助かります。よろしくお願いいたします。
 それでは、『脇組 出初め式』を始めたいと思います。まず、はじめに、土橋クラブ運営委員会大副委員長より開式宣言をよろしくお願いいたします。
開式宣言
クラブ運営委員会 大副委員長 土橋 賢一 会員
 ただいまより2018-2019年度釧路ロータリークラブ『納涼ビアパーティー・脇組の出初め式』の開式でございます。 皆さん、本日はおもいっきり楽しんでください。ありがとうございます。
親睦活動委員会 委員長 柿田 英樹 会員
 ありがとうございます。続きまして、乾杯のご発声を吉田秀俊パスト会長、よろしくお願いいたします。
乾杯挨拶 吉田 秀俊 パスト会長
 皆さん、こんばんは。本来であればこのお役目は、脇会長を指名した木下パスト会長が務めるところですけれども本日は欠席ということで、私が代役を務めさせていただきます。
 ご存じの方も多いかと思いますけれども脇会長は、私が会長のときに幹事を務めていただきまして大変お世話になった経緯がございます。
 この件につきまして、私が会長のときに小船井パストガバナーが、「吉田君、あなたは偉い」と言われたので、私のことを褒めるのかと思ったら「よく脇君を幹事にした」と。それぐらい私のことを微に入り細にわたってサポートをしてくれましたので、何とか会長職を無事に終えることができました。
 今年度は、脇会長はクラブ内の事業だけではなく、次年度のガバナー年度へ向けていろいろとこの事業もかかって参りますので、例年以上に忙しい年になると思っております。皆さん1人1人が参画意識を持ったなかで協力をしていただければと思っております。
 本来は、いつもときの船に例えての「脇丸」だと思って「脇丸」を題材に考えて来ましたけれども「脇組」になっていましたので後半の部分は割愛させていただきます。ちょっと話が通じなくなりますので。
 それでは、簡単ですけれども今年度の釧路ロータリークラブがますます繁栄されること、そして本日ご参加の皆さんのご健勝、ご健闘を祈念いたしまして乾杯したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

それでは、「乾杯」(拍手)
【例会風景・余興】
親睦活動委員会 柿田委員長
それでは、締めのご挨拶を天方会長エレクト、よろしくお願いいたします。
締めの挨拶 天方 智順 会長エレクト
 皆さん、こんばんは。事前に柿田委員長からこのご依頼がありましたけれども、すっかりいままで忘れていました。
 本日一番おもしろかったことは、先ほどのクイズです。両副幹事の話題がなかったもので、同点決勝のときに「市橋副幹事の問題を作れ。俺が答えてやる」「問題を作ってやる」と言いました。
 市橋副幹事は小学校のころ、ご近所の方が飼っている大型犬に急所をかまれて、それ以来、彼は独身です。「その犬種は何でしょう。その飼い主は誰でしょう」という問題を作ろうとして、いま手を挙げられていますが、小船井さんですから。その問題を作って「俺なら答えられる」と思っていました。
 何はともあれ、今年度初の夜間例会、本当に楽しく過ごさせていただきました。柿田委員長、本当にご苦労様です。親睦活動委員会の皆さん、ご苦労様です。これをひとつの弾みとして今年度、一生懸命に皆さんでやっていきましょうということで、最後に締めの乾杯をいたしましょう。
 では、皆さん、心ひとつに脇年度をこれから頑張って盛り立てて行きましょう。
(乾杯)


閉会・点鐘
その他の報告
ニコニコ献金
お名前(敬称略)内     容
工藤 彦夫台湾・日本親善交流演奏会無事、終える事が出来ました。協賛いただいた企業の皆様、有難うございます。
浅野 清貴7月23日釧路北ローターアクトクラブ例会にて講話をさせていただきました。
小野寺 俊8月5日から10日、阿寒町で日本大学サッカー部が合宿します。
今年度累計 65,000円